‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

運転する時の注意点

2014/01/20

私たちは、必ずと言っていいほど道路を利用しております。

 

逆に道路を利用することなく生活をすることは、特に現代社会におきましては不可能と言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

それだけ道路を利用する頻度は多いということになるのです。

 

また頻度が多いということは誰にも当てはまることにもなります。従って、道路上には非常に多くの人が通行することになることは必然的でもあるということになるのです。

 
そこで問題になるのが、どのような立場によって道路を通行するのかということになります。

 

その種類は大きく2種類に分かれることになります。

 

歩行者と車という分類です。特に車につきましては自転車や原動機付自転車、その他に色々なタイプの自動車のように、その種類は多くのものがあります。

 

大きさも大きいものから小さいものまで、かなり速度の出るものからゆっくりなものまでと、細かいところまで分類されることになるのです。

 

このように色々な立場の方達が道路を共有している状況になっているのです。

 
そうなりますと、やっぱり心配になるのが事故による損害です。

 

下手をすると交通事故によって死者が出ることにもなります。

 

そうならないように細かいルールが定められているのです。

 

非常に細かいことまで規定されていますが、事故防止という観点からも、しっかりと勉強して実践していきたいものです。

失敗しない選び方

2014/01/20

原付とは原動機付自転車の略称になります。

 

これは主に排気量が125cc以下のバイクに使われる名称になります。125cc以下は高速道路に乗れません

 

また、51cc以上は小型二輪車という扱いになり、小型二輪免許もしくは普通二輪以上の免許が必要になります。

 

次にMT車とAT車に分かれます。

 

MT車とはクラッチの付いているもので郵便配達で使われるようなバイクです。

 

AT車は一般的にスクーターと呼ばれ、スロットルを回すだけで速度が上がるバイクです。

 
選び方として、購入する目的を考えます。

 

通勤、通学等で日常的に使うのか、休日等に近所で買い物する程度で使うのか、はたまたいじったり等の趣味で使うのかで分かれてきます。

 

通勤、通学や休日に買い物で使うのであればスクータータイプのものが取り回しも良く、座席の下に荷物を入れれる物を選べば収納スペースもあり便利です。

 

ただし、燃費を気にするのであればMT車タイプのバイクが良いでしょう。

 

ただし、収納スペースがないことが大きな欠点になることと、クラッチ尽きのバイクを操作したことない方は始めは上手く乗れない可能性があります。

 

これらの点を良く吟味して選ぶと良いでしょう。

 

また、趣味として使うのであればMT車タイプが良いでしょう。

 

排気量以外は通常のバイクと同じように改造が施せるためさまざまなことに挑戦できます。

購入の流れ

2014/01/20

原付を購入する時の手順としては、まずはやはり予算を整理してみる必要があります。

 
どの位の金額まで出せるのかという事を決める事によって車種を絞り易くなりますし、経済状態に合っている一台を選び出せるようになります。

 
その際には無理をしない事が大切です。

 
自身の経済状態に合わず生活が苦しくなってしまうと後悔する原因になります。

 
また、ローンだからといって予算を大幅にアップさせたりしないように気を付ける事も大切です。

 
予算を決めたら実際に販売店へ足を運んでみると良いでしょう。

 
やはり実際に見てみないとイメージというのは湧いてきませんし、実物を見たり試乗してみる事によって自身との相性を確認する事ができます。

 
また、試乗時には見積もり出してもらう事も大切です。

 
因みに販売店ごとに取り扱っている車種が違っていたり、中古の場合ですとそれぞれで状態も違いますので、いくつかの販売店を回ってみる事が大切です。

 
複数の車種が候補に挙がっている場合にはそれぞれの良し悪しを整理し、どの車種が自身にマッチしているのかを考えてみると良いでしょう。

 
欲しい車種が決まったら価格交渉をしてみる事が大切です。

 
交渉次第で価格が安くなる事もありますのでお得に購入する事ができます。

 

免許は簡単に取れる

2014/01/20

筆記試験だけの受験になりますので、取得は簡単です。難しい技能試験がないので、誰でも勉強するだけで合格できます。

 

あとは合否のない講習を受けるだけです。

 

筆記試験も問題は記述式ではなく〇×の選択式でとても簡単です。

 

ただし50万中45問以上の正解で合格ですので、緊張したりすると簡単な問題なのに混乱して答えが判らなくなったりするので、リラックスして受験することの方が重要なくらいです。

 

受験勉強としては、専用の参考書を勉強することと、それ以外に実際の試験そっくりの問題集がありますのでそれを繰り返しといてみるのがいいでしょう。

 

ほとんどの問題は常識的に考えて判るような問題で、難しくなく、そうでないのは制限速度や荷物の積載など数値が出題される問題がある程度で、そこは具体的なことを勉強しておかなければなませんが、その内容は決して多くはありませんので、必ず覚えられます。あと心構えを問われるような設問もありますが、これは問題集でなれておけばいいでしょう。

 

試験の合格後、免許の取得には講習も必要になります。

 

これは試験の合格後にあります。

 

ただ一部では試験の前に講習を受けておかなければ受験できない所もありますので注意が必要です。

 

原付ではできないこと

2014/01/20

原付では出来ない事というと、まず二人乗り、そして高速道路や自動車専用道路を走る事でしょうかそれに制限速度が低いので、遠出そのものが苦手です。

 

例えば一般道なら当然原付で走れますけど、制限速度が低いので他の車と同じようには移動できません。

 

一概には言えませんが、混雑した市街地なら、同じくらいかむしろ多く移動できますが、郊外の国道などですと、乗用車の半分くらいしか移動できません。

 

原付に向いていない用途と言えるでしょう。しかしだからといって出来ない事と言うわけではないのです。

 

その分、時間に余裕を持って予定を立てれば可能です。

 

原付でもロングツーリングは可能です。

 

出来ない事ではありません。

 

本当に苦手なのは排気量の違うバイクや乗用車と一緒に移動する事です。

 

これはどうしても制限速度等の差から上手くいきません。

 

原付は原付だけでマスツーリングを考えた方がいいでしょう。

 

それから高速道じゃないと行けないところへ行けません。

 

普通どんな高速道路でも側道や、併行する一般道があるものですが、それがない道があるのです。

 

具体的には淡路島にかかる橋です。

 

明石大橋も鳴門大橋も高速道路で原付は通れません。

 

しかも側道もありません。

 

更に原付を運べるフェリーもありません。

 

淡路島は原付にとって離島そのものなのです。

 

マイペースで移動すれば意外に何でも出来る原付ですが、行けないところもあるんです。

実は原付はこんなに便利

2014/01/20

車はあるけどちょっとそこまで、でも駐車場がないな、とか、徒歩では遠い、車通勤はダメだけど原付はOKなんてことありませんか。

 
そんなときは手軽な原付を利用してみませんか。

 
原付バイクのメリットはどんなものでしょう。

 

まずは購入費用が安いことです。50cc以下なら10万円から20万円ほどで購入できます。

 
中古車でも構わないなら価格はもっと安く抑えられます。学生でも買いやすい価格でしょう。

 

 

そして維持費も安いことです。50cc以下なら税金は年1000円です。
50cc以上の原付二種でも年1200円~1600円で、とにかく車と比べれば税金が安いです。

 
あとは自賠責保険料が数千円とガソリン代です。車検はありません。

 

50cc以上の原付二種なら、制限速度が車と同じというメリットも発生してきます。

 
また50cc以下では認められない、二人乗りや2段階右折なしなどの利点もあります。

他にも、冒頭に述べたように駐車場がないところ、狭いところ、ちょっとした距離の場所への移動には大変便利です。

 
渋滞もすり抜けられ、車とはまた違った便利さがたくさんあります。

 
たくさんのメリットを生かして、あなたの生活に合った原付を見つけてみませんか。

最大のメリットは費用の安さ

2014/01/20

車の維持費の中で決まっている物に税金などの公的な費用があります。

 

まずこれが安いのです。

 

軽自動車税は地方自治体によって差があることがありますが50cc以下では1000円です。

 

普通乗用車が29500円から、軽乗用車が7200円、250cc以下の軽二輪車が2400円などと比べて抜群に安いのです。

 

自賠責保険が2年間で9870円です。これも他の自動車に比べて大変安いのです。

 

他の自動車ではその他に自動車重量税、取得税などの税金もかかります。

 

車検もありません。任意保険も安いのですが、もし他に自家用乗用車を持っている場合その車の任意保険のファミリーバイク特約に入れることができればとても安くなります。

 

そしてなんと言ってもガソリン代が安いのです。

 

最近のハイブリッドカーなどのエコカーは大変燃費がいいのですが、それでももっとかかります。

 

大体20km/Lくらいです。しかしその半分以下のガソリンで走ることが出来ます。

 

特に最近は燃費性能が向上していてより低燃費となっています

 

またタイヤ、ブレーキなどの定期的なメンテナンスも部品代や工賃が安く他と比べ物にならないほどです。

 

全体として、エンジ付では最も安く済む乗り物です。

車とどう違う?

2014/01/20

見るまでもなく明らかに大きさが違います。

 

この大きさの違いが全ての違いの元でです。まず車体が小さいので、見落とされがちです。

 

だから常に相手からは見えていないかもしれないと考えながら運転する必要があります。

 

そういう風に注意していないと自分が悪くないのに事故に巻き込まれる可能性があります。

 

小さいので相手からは陰から突然飛び出してきたという風に見えることがよくあります。

 

それから速度が小さい、というか遅い。

 

制限速度が30km/hですから、幹線道路を同じように流れに乗って走ることは出来ません。

 

速度の遅い生活道路等では全体的に遅いので特に問題ありませんが、流れの速い幹線道路等では、どうしても道の隅を流と別に走ることになります。

 

道が空いていて、道幅も十分余裕があるのならあまり問題ありませんが、混雑した道は少々危険です。出来る事ならそういう道は避けた方がいいでしょう。

 

それからバイク全般にいえることですが何かの影響で転倒する可能性がある。これは二輪の場合急ブレーキで比較的スリップしやすいので、結局速度に余裕を持って運転することしか避けれません。

 

またそのための安全装備も必要です。

 

ヘルメットは義務付けられていますが、それだけでなくグローブ、運転に適した靴、服装など配慮が必要です。

 

膝や肘を守るプロテクターなども効果的です。

バイクとどう違う?

2013/12/23

オートバイをを購入しようと車種を比較する事がありますが、原動機付き自転車とバイクの違いは何かあるのでしょうか?

 

原動機付き自転車は排気量が50cc で車の免許を持っていると運転ができるオートバイです。

 

単独で運転免許を取得しなければならないのは、50cc 以上の排気量持つオートバイです。

 

原動付自転車はとにかく、維持費が安いのが特徴的です。

 

自動車税や保険、燃費などにすぐれています。

 

もちろんデメリットもありまして、自転車の仲間という位置づけがありますから速度に規制があります。

 

法定速度は30キロ未満で右折するときに二段階右折という、ひと手間かかる曲がり方をしなければなりません。

 

特に法定速度が30キロ未満っていうところが交通の流れに流れない事もあって危険を感じる方が多いでしょう。

 

自動二輪の免許と違ってしっかりと二輪車の特性に沿った教習を行いませんから安全面を感じるのであれば自動二輪免許を取得して50cc 以上のオートバイを購入するようにした方が良いでしょう。

 

購入する時の費用が50cc 以下と50cc 以上とさほど変わらない場合がありますから、使用する用途とメリットデメリットをしっかりと把握して比較する事が大切です。