バイクとどう違う?

オートバイをを購入しようと車種を比較する事がありますが、原動機付き自転車とバイクの違いは何かあるのでしょうか?

 

原動機付き自転車は排気量が50cc で車の免許を持っていると運転ができるオートバイです。

 

単独で運転免許を取得しなければならないのは、50cc 以上の排気量持つオートバイです。

 

原動付自転車はとにかく、維持費が安いのが特徴的です。

 

自動車税や保険、燃費などにすぐれています。

 

もちろんデメリットもありまして、自転車の仲間という位置づけがありますから速度に規制があります。

 

法定速度は30キロ未満で右折するときに二段階右折という、ひと手間かかる曲がり方をしなければなりません。

 

特に法定速度が30キロ未満っていうところが交通の流れに流れない事もあって危険を感じる方が多いでしょう。

 

自動二輪の免許と違ってしっかりと二輪車の特性に沿った教習を行いませんから安全面を感じるのであれば自動二輪免許を取得して50cc 以上のオートバイを購入するようにした方が良いでしょう。

 

購入する時の費用が50cc 以下と50cc 以上とさほど変わらない場合がありますから、使用する用途とメリットデメリットをしっかりと把握して比較する事が大切です。