原付ではできないこと

原付では出来ない事というと、まず二人乗り、そして高速道路や自動車専用道路を走る事でしょうかそれに制限速度が低いので、遠出そのものが苦手です。

 

例えば一般道なら当然原付で走れますけど、制限速度が低いので他の車と同じようには移動できません。

 

一概には言えませんが、混雑した市街地なら、同じくらいかむしろ多く移動できますが、郊外の国道などですと、乗用車の半分くらいしか移動できません。

 

原付に向いていない用途と言えるでしょう。しかしだからといって出来ない事と言うわけではないのです。

 

その分、時間に余裕を持って予定を立てれば可能です。

 

原付でもロングツーリングは可能です。

 

出来ない事ではありません。

 

本当に苦手なのは排気量の違うバイクや乗用車と一緒に移動する事です。

 

これはどうしても制限速度等の差から上手くいきません。

 

原付は原付だけでマスツーリングを考えた方がいいでしょう。

 

それから高速道じゃないと行けないところへ行けません。

 

普通どんな高速道路でも側道や、併行する一般道があるものですが、それがない道があるのです。

 

具体的には淡路島にかかる橋です。

 

明石大橋も鳴門大橋も高速道路で原付は通れません。

 

しかも側道もありません。

 

更に原付を運べるフェリーもありません。

 

淡路島は原付にとって離島そのものなのです。

 

マイペースで移動すれば意外に何でも出来る原付ですが、行けないところもあるんです。