車とどう違う?

見るまでもなく明らかに大きさが違います。

 

この大きさの違いが全ての違いの元でです。まず車体が小さいので、見落とされがちです。

 

だから常に相手からは見えていないかもしれないと考えながら運転する必要があります。

 

そういう風に注意していないと自分が悪くないのに事故に巻き込まれる可能性があります。

 

小さいので相手からは陰から突然飛び出してきたという風に見えることがよくあります。

 

それから速度が小さい、というか遅い。

 

制限速度が30km/hですから、幹線道路を同じように流れに乗って走ることは出来ません。

 

速度の遅い生活道路等では全体的に遅いので特に問題ありませんが、流れの速い幹線道路等では、どうしても道の隅を流と別に走ることになります。

 

道が空いていて、道幅も十分余裕があるのならあまり問題ありませんが、混雑した道は少々危険です。出来る事ならそういう道は避けた方がいいでしょう。

 

それからバイク全般にいえることですが何かの影響で転倒する可能性がある。これは二輪の場合急ブレーキで比較的スリップしやすいので、結局速度に余裕を持って運転することしか避けれません。

 

またそのための安全装備も必要です。

 

ヘルメットは義務付けられていますが、それだけでなくグローブ、運転に適した靴、服装など配慮が必要です。

 

膝や肘を守るプロテクターなども効果的です。