最大のメリットは費用の安さ

車の維持費の中で決まっている物に税金などの公的な費用があります。

 

まずこれが安いのです。

 

軽自動車税は地方自治体によって差があることがありますが50cc以下では1000円です。

 

普通乗用車が29500円から、軽乗用車が7200円、250cc以下の軽二輪車が2400円などと比べて抜群に安いのです。

 

自賠責保険が2年間で9870円です。これも他の自動車に比べて大変安いのです。

 

他の自動車ではその他に自動車重量税、取得税などの税金もかかります。

 

車検もありません。任意保険も安いのですが、もし他に自家用乗用車を持っている場合その車の任意保険のファミリーバイク特約に入れることができればとても安くなります。

 

そしてなんと言ってもガソリン代が安いのです。

 

最近のハイブリッドカーなどのエコカーは大変燃費がいいのですが、それでももっとかかります。

 

大体20km/Lくらいです。しかしその半分以下のガソリンで走ることが出来ます。

 

特に最近は燃費性能が向上していてより低燃費となっています

 

またタイヤ、ブレーキなどの定期的なメンテナンスも部品代や工賃が安く他と比べ物にならないほどです。

 

全体として、エンジ付では最も安く済む乗り物です。